TOTOお風呂サザナ使ってみた使用レビュー、最新カスタマイズすごい

実家のお風呂がTOTOの最新サザナにリフォームされて新しくなりました。

実家に帰って数日使ってみた感想レビューです。

今回の実家お風呂リフォームは、親曰く「今動けるうちにリフォームしておかないと動けなくなってからでは遅いから。」とのこと。

確かに最近お風呂の調子悪かったし、あと20年生きることを考えると今が妥当かもしれない。(築20年くらいの一軒家。還暦越えの親。)

スポンサーリンク

最新お風呂TOTOバスルーム サザナ 使用レビュー

事前にパンフレット見て知っていたのですが、さすがリフォームで最新のTOTOバスルームサザナ、すごい綺麗です!

実際に使ってみた感想一覧です。

  1. 床がふかふか。たぶん冬温かい。滑らないから小さい子でも安心。
    床が洗面所の床の高さと同じ。
  2. 排水口が床面真ん中付近にあって手入れしやすい。
  3. 浴槽と洗い場の机カウンター部分が繋がっていないので、汚れたお湯が浴槽に流れて入らなくて済むのが良い。
  4. シャワーを置いたり出したりが若干やり難い。
    鏡が大きくて見やすいけれど、正面にも固定のシャワー置き場が欲しい気がする。
  5. 洗い場水栓が最新で慣れなかった。
  6. フタ置き場が壁にあるから、洗い場をフルに使うことができる。
  7. ラウンド浴槽の段差で足伸ばして入れないのが不満。子供達は段差に座ったり手をついて浮かんでみたり、オンステージ場にしてみたり便利に活用。
    浴槽の高さがないので、子供の出し入れが楽だし、自分も入りやすい出やすい。

一つ一つ細かく感想を書いていきます。

1. ほっカラリ床

TOTOさざなのほっカラリ床は、お風呂場の床がふかふかしていました。

やわらかくて滑りにくいのは、小さい子持ちなのでありがたいです。

夏の実家帰省だったので温かさは不明瞭でしたが、冬になったら実力を発揮してくれるでしょう、確かに温かい感じでした。

ほっカラリ床は親水特殊処理がされているそうで、汚れ落ちがスムーズで掃除が簡単だそうです。

今までは洗面所の床よりも少し低くなっていたお風呂の床ですが、洗面所と完全にフラットで高さが一緒になっていました。

色はブラウン(タイル調)でした。

2. 排水溝の位置が中央で手入れしやすい

今までの実家のお風呂は、お風呂場の一番奥底に排水溝がありました。

なので溜まったゴミを回収したり掃除するのが大変だったのですが、今回のTOTOサザナは排水溝が洗い場の中央に位置しています。

この位置なら、溜まったゴミを回収しやすくて良いですね。

洗いやすいカタチで、抗菌・防カビ効果で掃除も簡単なのだそうです。

もし汚れてもこれさえあれば安心>>  洗浄魂

3. カウンターが独立していて浴槽部分と分離している

今までの実家のお風呂は、カウンター部分が浴槽部分と繋がっていたので、泡とかが浴槽部分の方へと流れていくのがいつも気になっていたんです。

実際浴槽へ入ることはあまりありませんでしたが、やはり気になります。

TOTOサザナはカウンターが独立していて浴槽部分と分離しているので、泡とか汚れた水が浴槽部分い流れていかないのが良いですね。(繋がっているタイプもあるようです。)

カウンターが壁に密着していないので、カウンター周りの掃除が簡単にできるのが嬉しいところです。

ただし、うっかり屋の私は、子供の細々としたおもちゃがカウンター奥からバラバラ落ちていくのにイラっとしました。なぜ壁と密着していないのか、と。

4. シャワーについて

実家のTOTOサザナは、手元で止めたり出したりできる「エアインクリックシャワー」にカスタマイズされていました。

確かに手元のボタンでお湯を止めたり出したりできるのは楽です。

ただし、完全には止まりません。

ボタンで止めてもボタボタお湯がシャワーからしたたり落ちます。

エアインクリックシャワーの節水率は約48%だそうです。(普通のエアインシャワーだと、節水率約35%)

普通のシャワー機能だけでなく、手元の回す部分を回すと、スポットシャワー?に変更することも可能です。

節水ができるシャワーとのことですが、水圧に不満はなく、以前と変わらない水圧で問題ありませんでした。(むしろ団地住まいの我が家のシャワーの方がよっぽど水圧弱いです。)

ただし、シャワーを奥部分が若干ひっかる感じがして出し入れし難い感じがしました。

以前と同じ左側から出し入れするタイプでしたが、何かスムーズにいかない感じがするんです。

あと、シャワー置き場が左側にしかなかったので、大きい鏡は見やすいのですが、正面にもシャワー置き場があると良いなと思いました。(以前は左側と正面にシャワー置き場があったため。)

5. 洗い場水栓について

TOTOサザナは洗い場水栓をお好みにカスタマイズできます。

実家は、スッキリ水栓(スクエア)にカスタマイズされていました。

左側がお湯の温度の微調整で、右側がシャワーかカランか選んでお湯を出すところです。

個人的には、シャワーが手前に倒す方であって欲しかったです。

シャワーを出すためには奥に倒すんですけど、最初は水量調節がすごく微妙で慣れませんでした。(少し倒すだけで出過ぎたり少なくなり過ぎたりして。)

おそらく、よく行くお風呂屋さんのシャワーが押して出すタイプなので、「シャワー=押す、手前部分に倒す」イメージが私についてしまっているからだと思います。

6. フタ置き場が壁にあって洗い場が広々使用できる

浴槽の奥壁部分に、浴槽のフタ置き場がありました。

今まではフタは洗い場に置いていたのですが、壁に置くことができるので、洗い場を広々と使うことができます。

子ども2人と一緒に入るので、洗い場を広々と使えるのは嬉しいしありがたいです。

7.ラウンド浴槽の使い心地レビュー

TOTOサザナは浴槽をライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

実家の浴槽は、段差のあるラウンド浴槽(基本仕様)になっていました。

色はジュエリーアクアです。奥の壁と色が合っていていい感じです。

個人的には、段差のあるラウンド浴槽は足が伸ばせないのがただただ不満。

段差に座って足を伸ばそうとすると足が浮いてくるけど、身体を後ろにもたれかけることができないので不安定。

浴槽の下に座って段差の上に足を置いて伸ばせば一応伸ばすことはできて、足先を上に浮かばせて身体を後ろにもたれかけると、ちょうど良い感じの傾斜でもたれかかることができます。

ただ、やはり段差なしに慣れているので、違和感。使い慣れの問題かな。

子供達は段差をかなり上手に活用してました。

座って半身浴したり、段差に腕をついて浮かんでみたり、ステージ場にして歌って踊ってみたり。

小さい子供がいるご家庭は、段差ありのラウンド浴槽の方が何かと便利ですが、浴槽の横が平らではなく浴槽内側に斜めっているので、おもちゃを置くことができません。

高さが低いので、出入りが楽なのが嬉しかったです。(6歳なりたてで自力で出入りできました。)

横幅が若干今までの浴槽より狭いかな、と思いました。

以前はかろうじて子どもと2人横並びで入ることができましたが、最新のラウンド浴槽では横並びは無理でした。

足を伸ばしてゆったりと入りたい人には、床がフラットなクレイドル浴槽やスクエア浴槽などの方が良いでしょう。

あと、外側がつかめるようになっているので、出るときに地味に便利でありがたかったです。

お湯の栓も、鎖ではなくてボタン式?になっています。地味に鎖の先がうまくはまらないイライラから解消されるのですね。

TOTOサザナは部品がお好みでカスタマイズできる

TOTOの最新のお風呂サザナは、浴槽やシャワー、棚などを自分好みにカスタマイズして選ぶ事が出来ます。

もちろんお値段と相談ですが、長く使うものなので、細部まで自分の好みに仕上げることができるのは嬉しいですね。

自分で選ぶ事が出来る部分は、

  • 浴槽
  • シャワー
  • 洗い場水栓
  • 照明
  • カウンターの色
  • ドア
  • 換気扇

などです。

オプションで浴槽テレビやブローバスなどを設置することも可能です。

実家のサザナの壁の色と棚

実家のTOTOサザナの壁柄は、一番奥の1面だけが色ありのアクセントプランでした。

色がよくわからないのですが、大理石っぽくて、グレーというかグリーンというか。

「マテリアルアロマグリーン」っぽいですが、親に聞くのを忘れています。

(というか親に聞いても多分覚えていないと言われそう。)

棚は、底部分が取り外し可能なので、掃除がしやすいですね。

棚の種類もいくつかありますが、実家の棚はこれでした。

立ったまま掃除をしたいが叶う!>> ターボスクラブ

TOTOサザナは最新だけあってすごく綺麗でほっカラリ床が良かった

TOTOサザナを使用してみて何が一番良かったかと言うと、床です!ほっカラリ床。

冷たくないし、滑らないし、やわらかいので小さい子でも安心してお風呂に入れるのは嬉しいです。小さい子どもってお風呂でもハイテンションになるとジャンプしたりしますから危なくて。

浴槽は、お好みで、としか良いようにないです。私が選んでいたら足が伸ばせるフラットなクレイドル浴槽にしていたと思います。

ただ、思いの外子供達が浴槽の段差を活用しまくっていたので、小さい子のいるご家庭ではラウンド浴槽がおすすめなのでしょう。

全体的にお手入れ掃除がしやすそうなのが良いですね。排水口の位置が奥底じゃなくて中央なのも嬉しいです。

浴室換気暖房乾燥機「三乾王」が付いていましたが、使用しなかったのでレビューできずです。

親はショールームに何度か通って決めたとのことで、お風呂リフォームや新築で購入しようか検討中の方は、ぜひショールームに足を運んで実際に試してみることをおすすめします。

高い買い物です、後悔しないようにじっくり検討してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする