ワイモバイルでPHSをガラゲーに、スマホはUQデータsimに機種変更て2台所有へ

ワイモバイルのPHSユーザーですが、2020年7月末にサービス終了のお知らせのため、スマホに乗り換えようかと検討していました。

結論、「ワイモバイルでPHS→ガラゲーに機種変更。スマホはUQモバイルのデータsim契約」にして2台所有することに決めました。

スポンサーリンク

ワイモバイルでSIMカード単体はおすすめできない

ある日、母から「使わなくなったsimフリーのiPhone欲しい?」と聞かれました。

(新しいもの好きの母です。iphoneを買い換えたらしい。)

PHSからスマホに乗り換えたい私にはなんと渡りに船!速攻で「欲しい!」と答えて、お下がりですがiPhoneゲット。

SEだって聞いてたんですけど、調べたら6Eでした。

iPhoneのモデルは、apple公式のiphoneのモデルを識別するページに行くとわかります。

ワイモバイルで家族割できない!

お下がりiPhoneを持って手続きをすべく、ワイモバイルに行ってきました。

スマホの本体を手に入れたので、simカードに乗り換えをしたかったのですが、ワイモバイルで聞いたら色々制約があって、契約せずに帰ってきてしまいました。

理由がいくつかあります。

  • SIMカード単体だと、PHSからの機種変更特典の「スーパーだれとでも定額」の割引が適応されない。
  • 旦那と家族割引サービスしたかったが、携帯電話(ガラゲー)使用(ケータイプラン)の旦那とはスマホとの家族割はできないと言われた。
  • 1年後、ワンキュッパ割がなくなって1,080円余分にかかるようになる。

以前スマホに乗り換えようと調べた時に、スマホ本体とセットで購入した方が安上がりになりそうだと思ったのですが、

2年目から3,318円/月と言われると、確かにスマホを持つには安いんですけど個人的には予算以上だったので、一旦契約せずに撤収。

今回ワイモバイルにする理由が、事務手数料がかからないことだけでなく、旦那と家族割引ができることを期待してのことだったので、

そんな携帯電話(ガラゲー、ケータイプラン)利用者とはスマホ利用者と家族割引できませんとか言われても。

あと、せっかくPHSからの機種変更特典で「スーパーだれとでも定額」が次の機種変更まで無料なのに、その特典が使えないとかもったい無さ過ぎます。

PHSユーザーの結論は、ガラゲーへの機種変更

ワイモバイルから撤退して家でいろいろ調べた結果、

ワイモバイルではPHS→ガラゲーへ機種変更し、お下がりのiPhoneは他者のデータSIMを購入することにしました。

2台持ちは少し煩わしいですけど、仕方ありません。

「スーパーだれとでも定額」を無料にしたい!

まず、PHS機種変特典の”「スーパーだれとでも定額」が次の機種変更まで無料”という素敵サービスを最大限に活かしたかったのです。

スマホの寿命はおそらく2、3年でしょう。

ガラゲーの寿命も似たり寄ったりかもしれませんが、おそらくスマホよりは持ちが良いハズ。(スペックの良し悪しもないし、動作が重くなってくることもないし。)

「ケータイプラン」ならパケットも使い放題らしいし。

やっぱりガラゲーは安いですね。棒携帯のSimplyにすれば契約時に540円支払うだけで月々支払いは1,008円!

折りたたみ携帯DIGNO2にしても契約時支払い540円、月々支払い1,5480円なので、許容範囲内かと。

ワイモバイル以外でのデータSIM契約料金を調べてみた

最近、データSIMと言っても3種類あるんですね。

普通に携帯として使えるSIMカードと、SMS対応のSIMカード、SMS非対応のデータSIMカードの3種類。

携帯電話(ガラゲー)を別で持つ予定なので、SMS非対応のデータSIMでも良いかな、と思ったのですが、どうやらSMS非対応だと使えないアプリが出てくるとかなんとか。

「買いました、使いたい機能が使えませんでした。」ではお話にならないので、せめてSMS対応のSIMカードでいきたいと思います。

最初楽天モバイルを見ていたのですが、ベーシックパックでは容量が少なすぎるし、次の3.1GプランだとUQモバイルの方が安いしお得。

ワイモバイルも調べましたが、UQモバイルより高かったので除外。

初期費用として3,000円かかるけど、それは割り切るとして。

ガラゲーとUQスマホの2台所有だと合計料金は?

UQモバイルのデータ高速プラン(3G)で980円/月

ワイモバイルのSimply携帯1,008円/月

= 1,988円/月

「それならUQモバイルで音声通話付きSIMカードのプランにすれば、1,680円/月でおさまるのに。」

と思ったのですけど、スマホで電話したらすぐ300円とかいきそうですし。

(30秒20円だから、1分40円。300円割る40円で7分半以上話すと超えますね。親と話す時は軽く30分は話すので超えるのは必至。)

月々2,000円なら予算内ギリギリですし、このガラゲーとスマホの合わせ技で行けば1年後とか2年後に料金が上がることもなし。

2台持つのが煩わしいですが、私のように「LINE?ガラゲーなんでできないんですー。」なんてシラを切りたい人にはおすすめなのかもしれません。



PHSユーザーからガラゲーユーザーへ移行の時

PHSからガラゲーに乗り換えるために、もう一度ワイモバイルに行かないといけません。

個人的には@willcom.comのPHSメアドが使用できなくなるのが痛いですが、来年までにはどのみち使えなくなってメアド変更メールを送らないといけないので腹をくくります。

(PHSからガラゲーへの機種変更だとメアド変更しなくてもいけるんでしょうか。機種変したらまた記事あげます。)

今回は、ワイモバイル内でのPHSからガラゲーに乗り換えなので、携帯電話が変わらないのが嬉しいです。

どこにどう登録してあるかさっぱり覚えていないので。

UQモバイルはオンラインで契約してしまおうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする