【詐欺注意】Amazon注文確認メールが詐欺メール!?本物メールと比較、対策方法

昨日Amazonを語る詐欺メールについての記事を書いた後に、旦那にAmazonを語る別の新たなる詐欺メールが届いた!と見せてもらいました。

なんだこれ。

注文確認メールに見せかけた巧妙な詐欺メールでした。

スポンサーリンク

Amazon注文確認メールの詐欺メールとは?

Amazonを語る詐欺メールpart1は、前回書いた通りです。

Amazonを語る詐欺メールがウザい!ので晒します。本物との見分け方【アカウントロック】編
以前、appleを語る詐欺メールのことを記事にしましたが、最近Amazonを語る詐欺メールが届き始めたので記事にします。 基本、詐欺メールかどうかの見分け方は以前書いたとおりです。 Amazonを語る詐欺メールについ...

 

今回は、Amazonの注文確認メールを装った詐欺メールを晒します。

情報提供者は旦那です。

 

どうでしょう。

この巧妙に作られた詐欺の注文確認メール。

パッと見本物っぽい。

 

旦那が一発で詐欺に気付いた理由

旦那はこのメールを見た瞬間、詐欺メールだとわかったそうです。

なぜか。

それは日本のAmazonに登録していないメールアカウントにこのAmazon注文確認メールが届いたからです。

 

日本のAmazonに登録していないメアドに、日本のAmazonから注文確認メールが届くわけがありません。

詐欺メールが届いたメアドは、他国のAmazonで使用しているらしく、日本のAmazonとメアドの併用ができなくなって切り分けたと言ってました。

 

今まで私に来たAmazonを語る詐欺メールは、Amazonに登録しているメアドに届きます。

Amazonに登録していないメアドにはAmazonを語る詐欺メールは届きません。

なぜ、海外Amazonに登録しているメアドが詐欺に使われたのか???

さらに言うとなんでAmazonに登録しているメアドだとなぜ詐欺ってる人達はわかるんでしょう??

 

旦那にとどいたメールの内容が、登録してある国の言語だったらリアリティありましたけどねえ。

 

本物の注文確認メールはこちら

Amazonで注文をすると、登録しているメアドに注文確認のメールが届きます。

こちらは私が実際に受け取ったAmazonの注文確認メール。

 

注目いただきたいのは、2つの赤枠部分。

From:Amazon.co.jp

と宛先が「登録名」様になっている部分です。

 

詐欺メールと比較

これが、詐欺メールだと

差出人はAmazon.co.jpで同じですが、

メール内でAmazonのロゴの下に本来なら「登録名」様と表記されるべき部分に、メアドだけが記載されています。

 

しかも、メール内のお届け先は、旦那が全く知らない人、住所宛になっていました。

 

送信者の詳細を確認

メールのFrom、差出人の詳細はパソコンならメアド横の「+」クリックや、スマホだと差出人表記の上で長押しするとその詳細が見れます。

 

まずは詐欺メールの差出人メアド詳細。

なんだかよくわからないメアドから届いています。

 

本物のAmazon注文確認メールは、

こんな感じ。

ちゃんと@の後ろが「amazon.co.jp」になっていますね。

 

Amazon注文確認メールの詐欺が届いたら対策することは?

Amazon注文確認メールに似せた詐欺メールが届いたらすることは何でしょう。

メールに表示されているボタンに一切触ってはいけません!クリックしてはダメです。

 

Amazonサイトにログインして、自分のアカウントを確認したい場合は、

必ずググるかヤフートップなどの検索サイトから「Amazon」を検索して公式サイトに飛んでください。

 

変に過去ログから飛ぶと危ないこともあるので、検索サイトから飛ぶのが1番安全。

そして、必ずURL部分に「カギ」マークが表示されていることを確認してください。

 

それからログインして、何も変更点がないか確認し、

不安な人はパスワードを変更しておきましょう。

 

変更点を確認して何かおかしいことがあれば、Amazonヘルプからカスタマーセンターに連絡しましょう。

 

詐欺メールにあなたの名前がない場合は要注意!

以前のapple詐欺メールも、前回のAmazonアカウントロック詐欺メールも、今回のAmazon注文確認詐欺メールも、

一貫して言えるのは、メールの内容に「〇〇様」と実名(登録名)がいっさい書かれていない、ことです。

そりゃ知らない情報は書けないですものね。

 

差出人も表面上は正規業者を装っていますが、メアドを確認するとガチおかしい。

差出人メアドを確認してもわからない不安な場合は、必ず検索サイトを経由してログインするようにしましょう。

メールのボタンやリンクに飛んではいけません。

 

今日ヤマトが業績が落ちたと言うニュースを見ましたが、Amazonさんヤマトさんに戻してくれないかな。

Visits: 153
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
ニコニコちびちゃん
タイトルとURLをコピーしました