Amazonを語る詐欺メールがウザい!ので晒します。本物との見分け方【アカウントロック】編

以前、appleを語る詐欺メールのことを記事にしましたが、最近Amazonを語る詐欺メールが届き始めたので記事にします。

 

基本、詐欺メールかどうかの見分け方は以前書いたとおりです。

スポンサーリンク

Amazonを語る詐欺メールについて

最近、Amazonを語る詐欺メールが頻繁に届いて面倒です。

こんな感じのメールが届きます。

 

 

「こんにちは」のあとは、メールアドレスが記載されています。

 

寝ぼけてボーっとしている時に、不用意に「確認用アカウント」ボタンを押してしまった間抜けな私。

そりゃ、一度引っかかったヤツはターゲットにもなりましょう。

(念のため後でパスワード変更しましたよ。)

 

Amazon詐欺メールのツッコミどころ

  1. まず、名前ではなくメアドに「こんにちは」
    →名前を知らない証拠。
  2. 日本語として文章のつながりがおかしい。
  3. 「あなたのアカウントは永年ロック。」で文章が終わるナゾ。雑。

 

Amazonからのメールが詐欺かどうかの判断基準

Amazonからの正式なメールなのか、詐欺メールなのか判断に迷う場合は、2箇所メール内で確認してください。

 

1、差出人の詳細を確認

差出人はパッと見では「Amazon.co.jp」となっています。

 

しかし、差出人の「Amazon.co.jp」にカーソールを合わせるか、「+」をクリックするか、などして差出人の詳細を確認しましょう。

 

今回私に届いたメールの差出人のメアドは「no-reply@accounts.google.com」からでした。

本当にAmazonからメールが届いた場合、差出人のメアドは「no-reply@amazon.co.jp」など、

@の後ろが「amazon.co.jp」になっています。

 

メアド取得について

メアド取得は、@の前の部分はいくらでも変更が可能なのですが、

@の後ろ側はドメイン名なのでそこまで好き勝手変更ができません。(お金がかかったり、同じ名前は使えないなど)

 

確認用ボタンのリンク先確認

 

次に確認すべきは、「確認用アカウント」ボタンを押した時にどのサイトに飛ばされるかです。

こちらもカーソールを合わせるとクリック先のURLが表示されます。

(パソコンだとカーソールをボタンに合わせるとブラウザ上の左下に小さくURLが表示されます。※macでgoogle chrome)

 

当然Aamzonの日本の公式サイトのURLは、「amazon.co.jp」です。

Amazonサイト内のURLとしても「amazon.co.jp/gp/help/….」など、「amazon.co.jp」から始まります。

 

確認用ボタンを押すとそっくりサイトに飛ぶ

メール内の確認用ボタンを押してしまうと、Amazonの公式サイトと同じようなそっくりサイトに飛びます。

一度開いてしまったのですが、再度開いて何か情報を取られるのもシャクなので画像なしです。

 

Amazonを注文するときも詐欺に注意

Amazonで詐欺を行なっている業者はメールだけではありません。

彼らが欲しいのは私たちのアカウント情報です。

なぜアカウント情報が欲しいのか?

 

それは乗っ取り詐欺のためです。

Amazonはマーケットプレイスのサービスがありますが、それを利用して、

商品を売り出して発送せずに代金を他の人たちからだまし取ろうとしているのです。

そのために、私たちのアカウントを乗っ取って使用したいのです。

隠れ蓑、スケープゴートというヤツですね。

 

注文時の詐欺とは?

Amazonからの詐欺メールは本物かどうかの見分けが簡単で楽です。

しかし、注文時はけっこう難しいのです。

 

一言で「マーケットプレイスは注意!」と言っても、善良なマーケットプレイスの業者さんもいるので、

詐欺マーケットプレイスの業者かどうかの判断が難しいものがあります。

 

この辺りの詳細な対策は「Amazon 詐欺 住所」や「Amazon マーケットプレイス詐欺」などで検索してみてください。

私は最近Amazonの口コミがサクラが多いことや、到着日時が指定しても届かなかったり、いろいろあって、ちょっとAmazon利用を考える節があります。

(普通に使ってはいますけど、楽天を利用する頻度がちょっと増えたかも。)

 

Amazon詐欺メールとマーケットプレイス詐欺に注意

Amazonって一昔前はすごい利用していたんですけどね。

店頭より安いし、届けてくれるし、検索見やすいし。

 

最近は自分が手芸用品が欲しくて、でもAmazonって手芸用品の品揃え悪いんですよ。

しかもAmazonで購入すると謎の運送会社が届けてくれるようになり、再配達を電話で依頼しても届かなくてクレームを入れる羽目に。

ヤマト運輸は再配達指定しなくても勝手に何度か再配達してくれるんですけどねえ。

 

さらに言うと、アフィリエイトへの新規サイトへの締め付けが強くなっているのも辛い。

なーんか、使いにくくなってますよAmazonさん。

どうにかして欲しい!

せめて詐欺メールやマーケットプレイス詐欺は厳重に取り締まって欲しいものです。

Visits: 14
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
ニコニコちびちゃん
タイトルとURLをコピーしました