紛失した旧姓のゆうちょ銀行の通帳を再発行してみた【手続き方法、必要なものは?】

1681551 / Pixabay

前回(>>こちら)、郵便貯金・簡易生命保険管理機構から

「満期になって6年たった通帳がありますよ。20年2ヶ月すると権利が消滅しますよ。」

という手紙が届いたことを書きました。

今回は、申請していたゆうちょの通帳番号の照会の結果が届いたので、紛失している旧姓の郵便局、ゆうちょ銀行の通帳を再発行すべく郵便局に行ってきました。

正直、今回こそちゃんと必要なものが何なのか調べておくべきでした。

もうちょっとしっかりアナウンスしておいて欲しかったのが本音です。

結婚予定の女性の方は、氏名変更前に全部の貯金通帳を探し出しておくことをおすすめします。

結婚の時に一気に全ての通帳を変更しておかないと、面倒なことになります。

銀行ごとではなく通帳ごとに手続きが必要ですのでご注意ください。

※追記あり

スポンサーリンク

ゆうちょの通帳番号の照会の結果、手紙で届いた

前回、郵便局にて「貯金等 照会書」を申請したのですが、照会が終わって結果が書留郵便で届きました。

年明けすぐに申請して、だいたい一週間強くらいで結果が届きました。

中身を見てみると、

「名前と住所」

の組み合わせごとに照会結果が載っている書類が複数枚入っていました。

念のため今の引越し前の住所を書いておいて良かったです。

住所変更がされてない通帳があるのが判明しました。

問題の旧姓、実家住所の通帳ですが、ありました!

定額貯金で見覚えがない番号が照会されていました!!

もちろん通帳も届出印もありませんので、この手紙を持って郵便局に通帳再発行手続きに行きました。

ゆうちょ銀行、旧姓の通帳の再発行、手続き方法、必要なものは?

旧姓の通帳を再発行すべく、郵便局へ。

以前、通帳番号照会した時に

「照会結果の書類を持って行ってくだい。」

としか言われなかったので、今回の照会結果の書類と、現在の身分証明書、現在手元にある通帳、現在の印鑑を持って行きました。

旧姓のゆうちょの通帳再発行に必要なもの

結論から書きますが、今回こそ

旧姓と新しい氏名、旧住所と今の住所が一枚に書かれている書類

が必要でした。

要は、戸籍抄本とか、住民票の付録?(住民票でも旧姓が必要と希望すれば載せてくれるらしい)とか、旧姓の運転免許証で裏側に氏名と住所が訂正されている運転免許証とかが、必要とのことです。

最初に言っておいてください。

どれだけ「すでに旧姓、実家住所から今の氏名、住所に変更されている通帳がここにあるのに、それが証明にはならないんですか?!」

「前回、通帳番号照会する時の申請には必要ないと言われました。通帳番号照会はできて、実際に照会結果の書類も手元にあるのに、なぜ改めて必要なんですか?」

と聞いても、

「規則なのですみません。」

と言われるばかり。

どうやら、通帳再発行はどこか別の手続きする場所があるらしく、対応してくれた郵便局の人がそちらに何度も確認してくれたのですが、全て「NO!」だった様子。

通帳単位じゃなくて人単位で情報を管理してください!!

と叫びたくなった。

それだけセキュリティが厳重になっているといえば安心ですねと言うしかないんですけどね。

いや、本人だから!確実に!

他の通帳情報見ればわかるでしょう、融通がきかないと言うか何と言うか。

同一人物とみなして通帳番号照会してくれたはずなのに、何なんでしょうね。

旧姓の通帳発行に必要なものは4つ

  • 旧姓、通帳の住所、今の氏名、今の住所が一つの書類に記載されているもの
  • 今の印鑑
  • 通帳番号照会の結果書類
  • 身分証明書(提示したかうろ覚え)

役所にわざわざ行って、住民票を取ってこないといけません。

面倒この上ない。

旧姓のゆうちょの通帳再発行、手続き方法

役所での手続きなどは略。

旧姓の通帳再発行に必要な手続きは、2つ。

  1. ・通帳再発行の書類に必要事項を記載
  2. ・通帳の氏名・住所変更の書類に必要事項を記載

2枚の用紙に必要事項を書いて、本人確認のために、旧姓と今の氏名などなどが書かれた書類を提出します。

昔の登録印がなくても、「紛失」と書けばOKとのことでした。

そりゃ通帳がなければ登録印もありませんとも。ええ。

今の印鑑を新たに登録し、今後は引き下ろしの時は今の印鑑を使ってください、とのこと。

旧姓の通帳の再発行で面倒なのは、旧姓と今の氏名、旧住所と現住所が載っている書類が必要なことです。

これさえクリアできれば、申請して10日〜2週間以内に再発行された通帳が郵送されるそうです。

おそらく書留郵便で届くでしょう。



まとめ1

marla66 / Pixabay

結婚する時に、全ての通帳を一気に変更しておかないと、後々面倒になると言うことを今回痛感しました。

役所行って待たされて、数百円とはいえお金払って書類受け取って、また郵便局に行って。

旧姓の紛失した通帳を再発行するために、この苦労。

子供がいると身動き取りづらいので、本当、結婚する時に、全ての通帳、保険やもろもろの手続きを、面倒でも一気にやっておきましょう!

これで少ししか入っていなかったら、ちょっと泣けます。

今回は定額貯金なので万単位で入っているだろうと思って動いてますが、これが普通貯金の通帳で数千円とか数百円とかしか入ってなかったら悲しすぎますね。

いくら入っているか判明して使用できるようになるのは、10日〜2週間後です。

さて、どう出るか。。。

※追記(再発行したゆうちょの通帳が届いた)

再発行したゆうちょ銀行の通帳が届いたので、追記することにします。

ゆうちょの通帳再発行の手続きを終えて1週間くらい過ぎた頃、

やはり書留郵便で通帳が届きました。

封筒の中身です。

通帳には

「定額郵便貯金、定期郵便貯金 証書」

と書かれています。

赤いスタンプの「全部払い戻し済」のスタンプは、

この写真を受け取って郵便局で引き下ろした後に撮ったから写っています。

同封の手紙を読むと、どうやらこの再発行した通帳では新たに預けることはできないらしい。

普段使っている通帳と、本人確認書類(運転免許証など)印鑑を持ってきてください、とのこと。

どちらにしろ全て引き落としてしまうつもりなので、上記の持ち物を持って郵便局へ行ってきました。



再発行したゆうちょの通帳から引き出してみた

郵便局へ行って、この再発行した通帳の中身を引き出したいとお願いしました。

そうすると、通帳の登録住所と現住所が一緒であれば、身分証明書と印鑑を持っていれば引き落とせるとのこと。

再発行手続きの時に住所も現住所に変更したので大丈夫!

なので、

定額貯金の引き落としのための書類を記入し、運転免許証を渡して、印鑑押して、しばし待ちます。

引き落としの場合は現金で受け取ることができるので、普段使っている通帳は必要ありませんでした。

まとめのまとめ

今回無事、紛失していたゆうちょ銀行の定額貯金のお金を現金化することができました!

数万円でしたけどね、ええ。

数万円でも我が家には大きいです。

使ってない通帳があるよ、っという通知が来てだいたい1ヶ月くらいですかね。

通帳番号照会してもらって、再発行手続きに必要な書類を揃えて、再発行手続きしてもらって、ようやく引き出せました。

長かった。。。