35歳の主婦が脳梗塞になるまでの生活

 

35歳の秋に脳梗塞になった主婦の話。

今回は脳梗塞になる前まではどういう生活を送っていたのか、書いていきます。このサイトでは触れてこなかった、ナカのしんどい部分。

シリーズ1回目。

スポンサーリンク

結婚、出産

旦那と結婚してからの私の人生は波乱万丈だなーと思います。旦那の仕事が薄給激務なことは知っていて、「私が稼ぐよ!」と結婚したものの、現実は甘くなかった。

20代なかばの旦那と私、若かったです。

 

「愛があればお金なんて。」と言うセリフがありますが、愛では何も買えません。愛だけでは飯は食えない。

デヴィ夫人が婚活論「大好きな年収200万の男と好きでもない年収1億の男、どちらと結婚するべき?」を語っていますが、今の私は深く同意します。

やっぱり「愛だけで貧乏」より、1億円収入があって愛を育んでいくのが良いと思う。でも結婚前の私はわかってなかった。愛があれば!って思っていました。

 

結婚を期に正社員で勤めていた会社を辞め、転居。結婚数年後に長女を出産。

仕事したいけど、2人目も欲しい。経済的に考えるなら子どもは1人が限界だけど、「兄弟がいた方が、何かあったときに助け合えて良いだろう。」と、夫婦で話し合って、2人目妊娠。

 

保育園に我が子たちを預けて働くことも考えたけど、定住した地域は保育園激戦区。待機児童が多いので求職中では入園は無理。(申請したら待機児童になった)

経済的な打開策を図ることができない状況が苦しい。

 

2人目の出産費用もままならない経済状況で、私の独身時代の個人変額年金を解約して、中古車を購入。(それまでは徒歩とか実家から車借りたりしていました)

そして2人目を妊娠中に切迫早産で入院したりしつつ、出産。

子どもが2人いても私1人でなんとか買い物に行けるようになり、生活が便利になりました!車があると無かった頃には戻れないくらい便利。

高齢者が運転免許証を返納できないのがよくわかります。

 

旦那の仕事は、2人目を出産する頃には休みが月1回から週1回くらいになっていて、長女の時よりは割と次女の育児に参加してくれました。子どもは成長していくもので、長女が幼稚園に入園。そして、我が家の家計が火の車を通り越して、燃え尽きて灰になりかけます。

 

当時は幼稚園無償化になっていなかったので、最低でも月に二万五千円以上は幼稚園の費用として必要。たぶんいろいろかかって月3万円くらい必要だったかな。

自治体から私学援助金がいくらかもらえましたが全額支援ではなく、確か第一子はかかった費用の半分くらいの支給額。しかも、年末にまとめての支給だったので、「支援があって楽になった」感覚はあまりなかったです。

貧乏一家に月二万五千円以上の出費が重く、重ーくのしかかります。

 

内職を初める

なんとか収入の手立てがないかと考えていた時、知り合いからWindowsパソコンをもらいました。クライドワークスに登録し、なんとなくWebライターの仕事を始めた私。本好きな旦那にいつも日本語を知らないと指摘される私がWebライター。人生不思議なものです。

 

内職程度、月1万円もない収入でしたが、久しぶりに働いてお金が振り込まれた時はとっても嬉しかった!しかし、人間は欲深い生き物、と言うか貧乏なので月1万円程度の収入ではもちろん足りない。

 

クラウドワークスに2割手数料で取られることに次第にイラッとくるようになりました。貧乏なのでその2割が惜しい。

「あれ?これって自分でサイト作れるなら自分でできるじゃん。自分でやれば全てが自分の取り分になる。」と気付いた私。大学時代にプログラミングを勉強し、HPをタグ打ち作成したこともあったので、進んだ技術を調べて習得することはそこまで難しくはないはず。なんとかなるでしょう。

 

気が付いたらアフィリエイターになっていました。

 

クラウドワークスでの仕事と自分のサイト作成とを1年半くらい並行した後に独立。開業届を出し、個人事業主になりました。

 

私が個人事業主になるなんて、思っても見ませんでした。青色申請もしてありますが、65万円控除をフルで活かすことはまだできていません。いつか活かせる時がくると嬉しい。

 

下の子、保育園へ

「個人事業主として仕事してます。」と保育園申請の点数を上げたら、ギリギリ滑り込みで小規模保育園に次女を入園させるができました。決まったの3月下旬ですごいギリギリ。

しかし、2歳児クラスまでしかなく、もちろん保育園料が必要なのにそこまでの私の稼ぎがない。家計はさらに厳しくなります。

 

次女が3月生まれだったら幼稚園入園を待ちましたが、梅雨前の誕生日なので、3歳になってもほぼ一年幼稚園行けない状態とか無理。母も子も無理。近場では満3歳保育をやっている幼稚園はない。

「保育園行かせなかった方が家計のためになった気がするし、脳梗塞にもならずに済んだのでは?」と激しく後悔しましたが、後悔先に立たず。

 

次女が保育園に入れたなら働きに出たい。

しかし、長女の通う幼稚園は「3時まで保育、延長あります。」と説明会で言っていたのに、実際は午前保育の日も多い上に午前保育の日は延長は無し。夏休みなどの長期休暇にも預かり保育は無し。やる気無し。

マジで“やるやる詐欺”だと今でも思っています。同じように働いているお母さんたちで「騙された。」と行っている人は多い。当時長女は年長さん。

働きに出たくとも、「夏休み入ったら休みます。」なんて言う子持ち母を誰が雇ってくれるでしょう。探し出すのも大変です。

 

直前の話し

問題が起き始めたのは夏休み明けの9月。(2018)

冬休みは短いし、そろそろ働きに出ようか再度検討し始めたころです。

合わせて次女の進路も決めなければならない時期で、長女と一緒の幼稚園にするなら、今後3年間夏休み問題がついて回る。近場の保育園を見学したけど「ここが良い!」と思う保育園が無くて、そもそも年少の学年の募集人数が少なすぎて入れる気がしない。

(実際、保育園の子たちが何人も保育園に上がれず、幼稚園行きを余儀なくされていました。共働きなのに保育園入れないとか、どうなっているのでしょう。)

 

外にパートに出るなら、下の子は保育園か、預かりが多い他の幼稚園に入れるか、どうする?「なぜお姉ちゃんと同じ幼稚園じゃないの?」と聞かれたら、何て答える?保育園と幼稚園とどっちが下の子のためになる?答えが出ない。

 

アフィリエイターとしての収入は月1万円にも満たない月が続いていました。働けど働けど収入がない。「売れない漫画家ってこんな感じ?」と思いながら、ずっとこのまま収入がなかったらどうしようという恐怖。プレッシャー。

当然家計はマイナスで、貯蓄を崩して食いつないでいましたが、その貯蓄ががなくなりかけていました。本当にヤバイ。

 

私は体力がない割に無茶しがち。大学生時代は遊ぶ暇などなく分単位で動くほど忙しかったし、子どもできてからも旦那が忙しくて家事育児ほとんど全て私だったから無茶して切迫早産で入院したりもしました。

そう、けっこう無茶、無理を通していたんです、あの時までは。

 

旦那は平日休みで土日仕事なので子どもたちと休みが合わないのも辛いのです。毎日ずーっと誰かが「ON」なので、休まらない。祝日休みでもないから、旦那の夏休みと年末年始くらいしか家族での休みがないのが、今でもしんどいです。

 

土日は旦那が早朝出勤だったので、朝起きたらもういない。

私1人で朝ご飯準備、食べさせて、着替えさせて、洗濯機回して、「子ども部屋を片付て」と永遠かと思うくらい注意し続けながら洗濯物干して、掃除して。一人で子どもたち連れて買い物行って。午後は仕事しつつ子どもの相手をしつつ。

 

9月に入って、旦那の仕事がさらに忙しくなりました。夜いない日が増えた。

夜旦那がいないと、夕飯準備、夕飯食べさせて、皿洗いして、お風呂入れて、着替えさせてドライヤーして、歯磨きして、絵本読んで、寝かしつけ、を1人でしないといけない。

しかも夜仕事がある日は、旦那が夕飯を食べるために一旦帰宅するので、6時過ぎまでに夕飯を作り終えていないといけない条件付き。お昼のお弁当の準備も兼ねている夕飯作りなので鍋やカレーにもできない。お金がないからおそうざいにも頼れない。

働いて、2ヶ所お迎え行って、夜も忙しくて。

 

さらに、旦那が10月に海外に行くことになったとのことで、VISA取得や予防接種などのために週一回の休日がつぶれまくり。いつ休むの?状態に追い込まれます。

 

問題が山のように積み上がり、旦那に何を相談する時間も取れず、ひたすらプレッシャーの中、休まず仕事、仕事。収入を考えるとやっぱりパートに出た方が良い。考えるまでもない。

でも、子どもが熱出して休んだら私が休まないといけない。旦那と私の両親は健在だけど、仕事で忙しかったり、距離の問題で頼ることはできない。

夏休みなどの長期休暇が休めて、子どもが体調不良になったらその日急に休めるパートを探すなんて、どんな難易度高い就活。見つけられる気がしない。

人間、疲れすぎると正常な判断力がなくなります。あの時の私がそうでした。

 

体調がおかしい

最初の異常は、9月の初めに用事で車で高速を走っている時、突然見え方がおかしくなったことでした。視野の中心あたりが見えない。欠けるというか黒いものがあって見えないというか。

しばらくして見え方は普通に戻ったけれど、気持ち悪くなって体調が変、おかしい。ドライバーは旦那だったから特に問題はなかったけど変だった。それからは特に同じ症状が出ることはないので、今でもこの症状は不明。偏頭痛だったのか、脳梗塞の前兆だったのか。

 

次の異常は、旦那がいない夜、たぶん脳梗塞の1週間か10日前くらいの出来事。子どもたちが寝る前に絵本を読んでいた時、一瞬ろれつが回らかったんです。一瞬だったし、忙しさにかまけて忘れていましたが、思えばこれが前兆だったのかもしれません。

 

そうそう、脳梗塞になる10日間くらい前からお腹が痛くて、ずーっと脳梗塞後も腹痛をかかえていました。へその下あたり痛い。脳梗塞が落ち着いた頃に町医者で過敏性腸炎の薬(コロネル)を処方してもらったら効いたので過敏性腸炎だったようです。

 

目に見える異常が始まったのは9月からでしたが、8月の夏休み期間も物事を忘れやすくなっていて、しょっちゅう予定をダブルブッキングしたりしてたなーとも思います。

異常と言えば、9月の後半はとにかくずっと疲れてました。祝日1日休んでも子どもたちがいるのでそこまで休めるわけでもなく、疲れが取れない。体調がすぐれない。

 

子どもたちが風邪引いて病院行ったり、保育園からアレルギーの検査を再度して欲しいとのことで病院行ったり、長女が頻脈疑惑で大きい病院送りになったり、子どもたちのことで忙しかったり、心労も重なった時期でもありました。(頻脈は問題なかった)

人間、心労が重なると良いことはありません。結果、あんなことになるとは誰も予想できませんでした。

 

Visits: 54
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
病気
ニコニコちびちゃん
タイトルとURLをコピーしました