首すわり前から使える抱っこ紐、「ベビーキャリア オリジナル」は腰ベルト無し



首すわり前から使える抱っこ紐シリーズ、今回は「ベビーキャリア オリジナル」です。

腰ベルトが無い抱っこ紐です。

スポンサーリンク

ベビーキャリア オリジナル

ベビービョルンの抱っこ紐、ベビーキャリア オリジナルです。

公式サイトは、>>こちら

本体価格

6,800円(税別)〜

機能

対面抱っこ、前向き抱っこの2way

使用月齢

1ヶ月~約14ヶ月(身長53cm~、体重3、5kg~11kg)

特徴

  • 腰ベルト無し
  • 肩ひもと本体が別になっている

素材

本体、綿100%(ジャージ;本体内側 綿71%、レーヨン24%、ナイロン5%)

収納バッグ本体、ベルトはポリエステル100%

重量

約500g

ベビーキャリア オリジナルの魅力、おすすめポイント

首すわり前、生後1ヶ月から使用できる抱っこ紐です。

珍しく腰ベルトはありませんが、その分なのか、使用できる月齢も14ヶ月までとなっています。

肩ベルトと本体が分離可能

肩ベルトと本体が別々になっているので、赤ちゃんが寝てしまっても、楽に下ろすことができます。

抱っこするときも、抱っこ紐本体に赤ちゃんをセットして、自分にひっかけた肩ひもに本体を装着すれば抱っこ完了です。

肩ひもがクロス装着

肩ひもが背中でクロスになっているのが、個人的にはおすすめポイントです。

私は”クロス抱っこ紐”という、布製の抱っこ紐を2人目のときに使っていたのですが、背中部分で肩ひもがクロスしていると、赤ちゃんの体重を肩と背中に分散することができるので楽だったんです。

腰ベルト無し

大抵の多機能抱っこ紐は腰ベルトありですが、このベビーキャリアオリジナルには、腰ベルトがありません。

だからなのか、使用月齢は14ヶ月11kgまでとなっています。

腰ベルト無しで、肩に負担がかからないか不安。」と思います。

しかし、先述の通り、肩ひもが背中でクロスしているので、赤ちゃんの体重を肩と背中に分散させることができて楽なんです。

腰ベルトは骨盤に負担?

どこのサイトだったか、整体師さんのブログだったと思いますが、

「産後の骨盤が安定しない時期に、腰ベルト付き抱っこ紐を使って、骨盤に負担をかけるのは避けた方が良い。」

という意見をみたことがあります。

たしかに、産後の骨盤が安定しない時期に、抱っこ紐の腰ベルトをつけるのが私には不快でした。

産後用の骨盤ベルトつけて、ジーパン履いてベルト部分が分厚くて、さらに抱っこ紐の腰ベルトが来るので、腰回りが重く感じたんです。

なので、案外、産後すぐは腰ベルトがない抱っこ紐の方が、母の体には負担が少ないのかもと思ってみたり。