wpXクラウドとXサーバー比較!wordpress運用を両方で行った感想、レビュー

このサイトはXサーバーでの運用ですが、実は他にお試しで1つ、wpXクラウドでwordpressを運用していました。

今回は、wpXクラウドとXサーバー両方を利用してみたからこその比較やメリット、デメリットを書いていきたいと思います。

wpXクラウドとXサーバーの利用条件比較は>>こちら

スポンサーリンク

ログイン後の管理パネル比較

wpXクラウドは、wordpress専用のレンタルサーバーです。

1契約につき1つのwordpressが運用できます。

wpXクラウドの管理パネル

実際のwpXクラウドのサーバー管理パネルです。

スクリーンショット 2017-03-16 22.16.55

wordpress専用で、かつ1契約1wordpress限定なので、すごくシンプルです。

Xサーバーの管理パネル

一方、Xサーバーのインフォパネルにログインするとこんな感じです。

スクリーンショット 2017-03-16 22.32.11

サーバーへのログインだけでなく、ファイルマネージャーも利用することが可能です。

wpXクラウドにはファイルマネージャー機能はありません。

サーバーにログインするには、サーバーパネルの「ログイン」をクリックします。

サーバーにログインしたいのに、いちいち二段階画面を行かないといけないのは手間ではあります。

※ログイン時に、「サーバーパネル」を選択してログインすれば、すぐにインフォパネルを経由しなくてもサーバーパネルにログインできることに今気づきました。

サーバーパネルにログインした画面はこちら。

スクリーンショット 2017-03-16 22.29.45

wpXクラウドと違って、複数サイトを運用できるので、色々と設定事項が羅列されています。

左下に「設定対象ドメイン」を設定するところがあるので、設定したいドメインを決めて「設定する」ボタンを押してから作業を始めます。


wpXクラウドのメリット・デメリット

wpXクラウドでwordpressを運用してみて、良かったところと悪かったところをあげてみたいと思います。

良かったところ、メリット

  • サーバーログインのパスワードを初期設定時に自分で決めることができる。
  • サーバーの管理画面がシンプルでわかりやすい。
  • 初期費用0円
  • 月500円から利用可能

悪かったところ、デメリット

  • wordpressのログインパスワードを自分で初期設定できない。(自動生成)
  • ファイルマネージャーは利用できない

wpXクラウドだけを利用しているときは、特に何も思っていませんでした。

しかし、Xサーバーでwordpressを運用し始めてから、XサーバーでできることがwpXクラウドでできないと不便に感じることが出てきました。

最たることは、wordpressのログインパスワードが、wpXクラウドでは自動生成で勝手に決められてしまうこと。

Xサーバーだと自分でパスワードが初期設定時に設定できます。

「ログインしたままにする」にチェックを入れておいても、いつの間にかログインが必要になることが多いwordpress。

自分で設定したIDとパスワードなら覚えやすいので何も見ずに入力できるのですが、

自動生成の長い文字列を覚えることもできず。

いちいちメモ帳に飛んでパスワードをコピペするしかなく、案外厄介でした。

※今思うと、wordpressの管理画面からパスワードを好きなものに変更すれば良かったです。


Xサーバーのメリット・デメリット

最終的にこちら一本に絞りましたが、Xサーバーについて思ったことです。

Xサーバーの良いところ、メリット

  • 複数サイトを運用できる
  • 月1,000円から利用可能(1年間契約時)
  • wordpressのログインパスワードを初期設定できる
  • ファイルサーバーが利用可能

Xサーバーのデメリット

  • 初期費用が3,000円かかる

初期費用が3,000円かかるのが一番とっつきにくい問題かと思います。

アフィリエイトでセルフバックを利用したり、ドメインが無料キャンペーンを利用するなどして、多少はこの初期費用の負担を軽減することができます。

wpXクラウドとXサーバーの表示速度は

wpXクラウドのwordpressと、Xサーバーのwordpressでは、表示速度はどうなるでしょうか。

サイト記事(1記事がほとんど1000文字以内の文字ばかり)が130件くらいあるサイトをwpXクラウドからXサーバーに移行したのですが、

表示速度はwpXクラウド時、Xサーバー時ともに変わりませんでした。

画像ばかりで重たいサイトだとわかりませんが、

そこまで記事数もなかったり重たくないサイトだと、表示速度は変わらないです。

もしかして0.1秒とかの違いはあるかもしれませんが、体感ではわからず。

wpXクラウドとXサーバーでwordpressを運用してみて

wpXクラウドとXサーバーとの両方でwordpressを運用してみて思ったのは、

両者ともにあまり変わらなかったです。

ただ、

  • wpXクラウドは、wordpressログインパスワードを自分で設定できずに自動生成なので、メモ必須、後でwordpress管理画面で変更するなり一手間あり。
  • Xサーバーは、wordpressのログインパスワードは自分で初期設定できる。
  • Xサーバーは初期費用がかかるのでとっつきにくい。
  • Xサーバーだとファイルマネージャーが使えるが、wpXクラウドにはない(FTPは両者とも接続可能)
  • wpXクラウドは1契約1wordpressのみ。
  • Xサーバーは1契約複数サイト運営可能。

という違いが私には身近に感じられました。

両者ともに自動バックアップがあったり、似通っているサービスも多いです。

運営サイト数や、容量、アクセス数によってどちらが良いかは人それぞれだと思います。

ただ、最初から複数サイト運営しようと考えているなら、

最初は全部のサイトをXサーバーで運用し、1つのサイトのアクセス数が増えてきて耐えられなくなってきたらwpXクラウドに移行する、というのも一つだと思います。

サーバー移行、めんどくさいですからね。

アクセス数が増えて耐えられないとか、羨ましい話です。