ドメイン作成、エックスサーバーX10かwpXクラウドかのサーバー比較

私がこのブログを立ち上げるときにやったことなどを、主に自分用メモとして書いていきたいと思います。

まずは、ドメイン決定と、サーバー選択についてです。

スポンサーリンク

ドメインを決める

まずは、インターネット上の住所にあたる、ドメイン名を決めなければなりません。

私は、「ムームードメイン」さんを利用しました。

ムームードメインさんで候補のドメインを入れると、各拡張子の料金と使用可能かが表示されます。



拡張子は、.netか、.comか、その他か

「.net」にするのか、オーソドックスに「.com」にするのか、その他の「.info」とかにしてみるとか。

いっそコストだけを考えて、「.red」とか「.link」にしてみるとか。

企業さんや商業ベースのサイトさんだとやっぱり「.com」とか、コスト高くても「.jp」を使うんでしょうね。

個人的なサイトなので、どれでも良いと言えば良いんですけど、

  • コスト的に
  • 名前の響きを考えて
  • 一般的なイメージを踏まえて

以上3点から、このサイトは「.com」にすることにしました。

ぶっちゃけ、キャンペーンで.comが安かったからなんですけどね。

サーバーを選ぶ

次は、データー保管場所である、サーバー選びに悩みました。

候補は、「エックスサーバーX10」と「wpXクラウド」の2つ。

wpXクラウド

wpXクラウドは、WordPress運用に特化したレンタルサーバーです。

1契約1ドメインのみ使用可能。

初期費用無料。

月額500円(税別)〜。

契約期間も1ヶ月〜。



エックスサーバーX10

エックスサーバーX10は、レンタルサーバーで、WordPress運用以外にも使うことが可能です。

もちろんWordPressも使用可能。

1契約いくつでも、ドメインを追加設定可能。

初期費用、3,000円(税別)。

1年契約だと月額費用1,000円(税別)。

契約期間の最短は3ヶ月だけど、月額費用は1,200円(税別)になります。



エックスサーバー特典

エックスサーバーを契約するときに、時期が良ければ何かキャンペーンが行われていることがあります。

ドメインプレゼントキャンペーン

エックスサーバーは、2016/9/2(12:00)〜2016/12/23(18:00)まで、「ドメインプレゼントキャンペーン」を実施中です。

「.com」「.net」「.org」「.info」「.biz」の5つの中から選ぶことができます。

しかも、初年度の費用だけでなく、サーバー契約中であれば更新料も無料です。

これは、かなりお得なサービスではないでしょうか。

アフィリエイト、セルフバック

自己アフィリエイトを利用すれば、お得に契約することができます。

だいたい初期費用分くらい戻って来る金額です。

セルフバックの方法は後日記載したいと思います。

エックスサーバーX10か、wpXクラウドか、コスト比較

私は、2つのサイト設立を考えていたので、費用としては(すべて税別で)、

wpXクラウド: 2契約で月々1,000円+ドメイン2つの費用。

エックスサーバーX10: 初期費用は3,000円かかるけど、セルフバックできれば実質400円くらいになる計算。
1年契約なら月額費用1,000円+ドメイン1つ無料なので、ドメイン1つの費用。

たぶん容量とか、転送量とか、私個人が使う程度であれば、どちらも気にならないと思うので、コスト面重視で選びます。

計算してみると、ドメイン1つ1,300円/年として、

wpXクラウド2つ契約+ドメイン2つ費用で、14,600円/年。

エックスサーバーX10契約+ドメイン1つ費用で、初年度は16,300円/年、翌年度からは13,300円/年。

セルフバックがうまくできれば、マイナス2,858円。

もし今後、サイトを増やしたくなるかもしれないことも考えると、初期投資は大変だけど、長期的に見るとエックスサーバーの方がコスト面からみて、ドメインプレゼントの分お得でした。

あるのかないのか、wpXクラウドでもしアクセ数が上がりすぎてしまったら、グレードBに変更、月額1,000円にすることになれば、やっぱりエックスサーバーの方が安くなる計算です。

取らぬ狸の皮算用ですが、一応想定はしておくべきことかと。

なので、今回はエックスサーバーX10に決定!

wpXクラウドなら月々500円払うところを、エックスサーバーX10は、一度に15,000円の出費。

痛い出費ですが、これも投資と思って、長期的に見ればお得と納得させての支払いです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする