新たなる知育人形?あみちゃんはしゃべる赤ちゃん人形!シニア向けだった

@タカラトミー

「あみちゃん」と言うしゃべる赤ちゃんの人形がタカラトミーさんから発売されました。

小さな子ども向けかと思いきや、なんと、今回はシニア向けのお人形なんだそうです。

子どもの遊び相手になるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

あみちゃん、とは?機能紹介

「あみちゃん」と聞くと、セーラームーン世代の自分としては水野亜美ちゃんを思い出すのですが、今回はタカラトミーさんから発売されました、しゃべる赤ちゃん人形のあみちゃんです。

 

しゃべる

「うちのあまえんぼう あみちゃん」の大きな特徴は、しゃべること!

なんと1,600語以上のおしゃべりが可能です。

しゃべりかけたり、一緒に歌を歌ったりできます。すごい。

 

顔を覚える

あみちゃんは、人の顔を覚えることができます!

胸のカメラで顔認識をします。そして、好きな名称であみちゃんに呼んでもらえるように設定することができます。(おばあちゃん、ママ、パパ、〇〇ちゃん、など)

 

どうやら「たかこおばあちゃん」など、自分の名前を呼んでもらえるようで、確かにそれは嬉しいかもしれない。

 

センサーがついている

あみちゃんには4つのセンサーがついています。

  1. おはなしセンサー (マイク、しゃべりかける時用:胸)
  2. なかよしセンサー (たぶん顔認識用カメラのことかな?:胸)
  3. なでなでセンサー (頭をなでると反応する用:頭)
  4. だっこセンサー (抱っこしたりゆらしたりすると反応する用:胴体?)

 

1、と2、のセンサーは胸のブローチみたいなやつです。胴体と一体になってるっぽいです。

なでなでセンサーとだっこセンサーはおそらく内臓されていると思うので見えないと思います。

 

あみちゃんで出来ること

あみちゃんは手がスイッチになっています。

おしゃべりしたい

右手か左手を短く握ると何かおしゃべりしてくれます。

 

歌を歌ってほしい

右手を長く握ると歌を歌ってくれます。

 

みせて会話がしたい

左手を長く握ると「みせて会話」が始まります。

あみちゃんが「今日の洋服を見せて〜」と言い出して、胸のカメラで洋服を確認して何か感想を言ってくれます。

 

早口言葉に挑戦

両手を短く握ると、早口言葉にチャレンジ!が始まります。

あみちゃんが言った早口言葉を真似して言ってみると、上手に言えたかどうかあみちゃんが判定してくれます。

 

寝かしつけ

あみちゃんを横にすると、寝始めます。

あみちゃんは自動で適度なタイミングでまばたきをするようで、寝始めると自然とまぶたも閉じます。芸が細かい。

 

 

あみちゃんの設定方法、電池

あみちゃんはシニア向けに作られているだけあって、メンテナンスも設定も簡単にできるようになっています。

 

乾電池?充電式?

あみちゃんは、単2の乾電池4本とコイン電池1個で動きます。

充電式ではありません。コイン電池は記憶用で約3年持つとのこと。

 

1日1時間遊んだとして、単2電池4本が約1ヶ月半持つそうです。

と言うことは、45時間くらいの稼働時間?短くない?そんなもん?

ずっと遊んでたらすぐ電池交換が必要になりそう。

 

あみちゃんの公式ページを見てると、

あみちゃんは朝7時頃に起きて、夜20時頃に寝ます。その日の気分によって0~5分程度時間が異なります。

とあるので、ずっと電源offにはならず起動はしているけど待機モードってことなのかな。

 

個人的にはベットもつけて、ベッドを充電器にすればわかりやすかったし、乾電池を消費することもなかったろうに、と思う。

携帯電話やスマホを使う今の高齢者ならそれくらい簡単だと思うけどなあ。

 

初期設定

おそらく乾電池を入れたら自動で設定が始まるようです。

今日の日付と時間を設定します。あみちゃんが寝たりうとうとする時間が設定されているので現実世界と合わせましょう。

利用者の誕生日を設定します。

次は利用者の呼び方を設定します。

最後は胸のカメラを使って顔を認識させます。

 

設定方法は簡単で、逐一あみちゃんが案内してくれるので大丈夫、問題ありません。

 

両手を長く握るだけ

利用している間に設定を変えたい場合は、両手を長く握ります。

あみちゃんがお話しして何の設定を変更したいのか聞いてくれるので、アナウンスに従って操作しましょう。

 

あみちゃんはどこで購入できる?

あみちゃんのお値段は、税込で27,500円。

けっこう良い値段しますねー。顔認識まで付ければそりゃそうかも。

 

Amazonで探しましたが9/10時点ではAmazonでの取扱は無し。

楽天市場で、タカラトミーモール楽天市場での販売がありましたので、通販に慣れている方は楽天から買うのが楽でおすすめです。

 

 

通販なんてよくわからん!と言う方は、電話での購入もできるそうなので、公式HPを要チェックです。もちろん公式のタカラトミーモールで購入することも可能です。

 

あみちゃんの他にもしゃべるお人形は売ってた

Amazonであみちゃんを探してたら、しゃべる赤ちゃん人形をいくつか発見しました。へー、普通に売ってるんですねー。

あみちゃんと比較してみましょう。

 

音声認識人形 おしゃべりみーちゃん

こちら、音声認識人形 おしゃべりみーちゃんです。

あみちゃんとは違って布っぽいお人形さんです。

800語以上のおしゃべりと20曲以上の歌が歌えます。4歳のみーちゃんは声も実際の4歳です。

着せ替えは出来なさそうですが、お誕生日を祝ってくれたり、背中をトントンと叩くとおしゃべりしてくれたりしてくれます。利用者を呼ぶときも「おばあちゃん」や「ママ」など自分の好きに設定できるようです。(名前まで設定できるかは不明たぶん名前は無理かも)

 

「あみちゃんは高すぎる」、「とりあえずしゃべってくれればいいかな。」と言う方にはみーちゃんがおすすめです。

単3乾電池4本なのもおすすめポイント。

個人的には、手を握るより背中トントンの方が楽かな。握るって年取ったときキツそうなイメージ。

 

デジレクト ものしりパートナー いっしょに脳トレ おりこうのんちゃん

こちらは、一緒に脳トレ おりこうのんちゃん

みーちゃんと同様、布なお人形で、みーちゃんとのちがいは、のんちゃんはお座り姿で固定されていること。(みーちゃんは足がのばせるっぽい)

 

1,600通り以上のおしゃべりと30曲以上の歌を歌うことができます。あみちゃんレベルで曲数はあみちゃんより多い。

カレンダーや日時機能搭載なのはあみちゃんもみーちゃんも同様ですが、のんちゃんの最大の特徴は、音声認識が出来ること!

あみちゃんは数語音声認識できるらしいですが、のんちゃんは240ワード以上の音声認識ができます。(ただし精度に難ありとのコメント多数)

 

単3乾電池3本で動きます。

Amazonで一万円以下で販売されていたので、脳トレなどには期待せずに、安めのおしゃべり人形が欲しい方におすすめなのんちゃんです。

 

パートナーズ 音声認識人形 おしゃべり けんちゃん

男の子のおしゃべり人形が欲しい方は、こちらの音声認識人形 おしゃべりけんちゃんがおすすめです。

けんちゃんは、本当の6歳の男の子の声でお話ししてくれます。

最大の特徴は、温度センサー内蔵で気温を教えてくれること!

高齢者は暑さや寒さを感じにくくなっていて、特に暑い時期に熱中症になりやすいので、けんちゃんに温度を教えてもらえると予防になるかも??

 

3Dセンサーも搭載されていて、抱っこや高い高いがわかるのも特徴です。

音声認識は28ワード、連続会話ワードは25、ひとりごとは370、歌(セリフ内含む)は66曲です。

トントンするとおしゃべりしてくれます。

もちろんカレンダー機能は搭載されています。

 

単3乾電池4本で動きます。

お値段そこそこなので、「男の子が良い!」、「温度センサーがあると安心」という方におすすめです。

 

あみちゃんの服が作れるのも高齢者向けか

あみちゃんが他のおしゃべり人形と違うのは、着せ替えて遊べることです。

なんと公式HPに型紙が掲載されているので、自由にあみちゃんの洋服を作ることができます。

高齢だとなかなか目がしんどくてミシンや針作業が難しいかもしれませんが、着せ替えできるか否かは、お人形にとってけっこう重要なポイントです。

 

あみちゃんは子どもの遊び相手になる?

あみちゃんの対象年齢は15歳以上となっています。

 

気になるのは重さと乾電池の入れる部分。

子ども用のおもちゃの乾電池の部分は、よくネジ止めされています。(それがゆえに電池交換が面倒でそのままになるおもちゃの多いことよ。)

あみちゃんはシニア向けなので、簡単に電池交換ができるようになっているので、小さなお子さんでも簡単に乾電池の部分を開けてしまうと思います。

開けてしまっても単2で大きいし飲み込む危険はないと思いますが、小さい子が親の目の届かないところで遊ぶのには向いてないしおすすめはできません。

(小さい子って、親が思う以上にできることが多くて、しかも想像してないことをしでかしてくれるので。)

 

まとめ

今回、おしゃべり人形があみちゃんだけでなく、けっこう昔から販売されていたことをしりました。

ただし、今までは布製のザ、お人形!というおしゃべり人形が多かったですが、赤ちゃん向けのポポちゃんやメルちゃん、レミン&ソランのようなおしゃべり人形はあみちゃんが初めてかもしれません。

 

おしゃべりだけ特化していれば良い場合は、あみちゃんにこだわる必要はありません。

布製人形には布の良さがあるのです。あみちゃん高いし。

ただ、やっぱり着せ替えができるのは強い。私がハンクラーだからかもしれないけど、やっぱりお世話するなら着替えさせたい。

あとやっぱり、目をつぶるのは大きいです。布製だとずっと目が開きっぱなしなので。

 

ただ、正直私自身が親にあみちゃんか他のおしゃべり人形を送るか?と聞かれたら、まだ親はそこまでの年代ではないので、と答えます。

認知症とか1人暮らしで寂しいとかだと買い与えるかもしれません。今はコロナでなかなか親元にも帰れない世の中なので、ボケ防止にあった方が良いかもしれません、おしゃべり人形。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました