iMacにブルーライトカット設定、【おすすめ!】ブルーライトカット液晶保護フィルム3選

2017年正月に購入したiMac。

使い始めた時に、ブルーライトカット保護フィルムを購入するか迷いました。

まずはiMacでの設定をして考えることに。

スポンサーリンク

iMacでブルーライトをカットする設定

まずは「システム環境設定」アイコンをクリックして、「ディスプレイ」を選択します。

すると、このような画面が表示されるので、「カラー」をクリック。

スクリーンショット 2017-01-26 21.49.42

次の画面。

この画面で「補正。。。」をクリック。

スクリーンショット 2017-01-26 21.50.03

いろいろ説明してくれていますが、一応読みつつも「続ける」をクリックします。

スクリーンショット 2017-01-26 21.50.23

重要なのはここです!

このポイントを「D50」にします。

最初は画面が茶色いように思いますが、すぐに慣れます。

スクリーンショット 2017-01-26 21.50.48

先ほどの画面で「続ける」をクリックすると、他のユーザがこの設定を使うか確認されます。

私は特にこのiMacが他に誰か使うことがないので、チェックを入れずに「続ける」をクリックします。

スクリーンショット 2017-01-26 21.51.03

この設定に名前を付けてね、と言われたので、

「Blue light cut(D50)」と命名。

そのままです。

スクリーンショット 2017-01-26 21.51.21

設定の確認されて、終了です。

「完了」をクリックして終わりです。

スクリーンショット 2017-01-26 21.51.37

思ったより画面が茶色いと思いますが、すぐに慣れます。

設定後にこの設定から外れると、画面が白いのなんの。



iMacのブルーライトカット保護フィルム

ブルーライトカットの設定をしてiMacを使ってみましたが、うーん。

確かに設定しないよりは良いんでしょうけど、このiMac使って子どもたちに何か動画を見せようかって話を旦那をしていてですね。

(今はiPad miniで動画を見せているため。)

子どもたちが見るんならブルーライトカット保護フィルムを念のため貼っておいた方が良さそうだな、と思って購入することにしました。

iMacのブルーライトカットフィルムの候補

候補は3つ。

まず1つ目。

サンワサプライ ブルーライトカット液晶保護フィルム LCD-IM215BC

こちらはサンワサプライのiMacの画面に保護フィルムを貼り付けて使用するタイプです。

次、2つ目の候補。

aiuto ブルーライトカット液晶保護プロテクター BLC-P2220V-B

これは、画面に貼り付けるのではなく、画面に引っ掛けて乗せて使うタイプ。
画面に貼る時の「埃がー。」「気泡がー。」という気遣いが一切必要のないものです。

ブルーライトカット率も高いし、気泡や埃の心配がないのは嬉しいなあ。
ただ、iMac専用ではないから、画面からはみ出るらしい。
あと、反射がかなりあるとのレビューあり。

3つ目の候補。

エレコム 液晶保護フィルム ブルーライトカット 23インチ 反射防止 EF-FL24WBL

こちらも画面に貼り付けて使うタイプの保護フィルムです。

  • 紫外線カット機能:○
  • フィルターサイズ:幅532mm×高さ297mm
  • 取付方法:シリコン吸着
  • 反射率:1.3%(MAX0.9%)
  • 可視光線透過率:86.9%(MAX92%)
  • 紫外線カット率:99%(MAX99.6%)
  • フィルター厚み:0.145mm(他セパレートフィルム0.125mm)
  • 反射防止機能:○
  • ブルーライトカット率:42%

サンワサプライの保護フィルムのブルーライトカット率が約26%なので、こちらのエレコムの方がブルーライトカット率が高いですね。

サイズについては後述をご確認ください。

ただ、レビューがあんまり良くない。

製品評価というか、「うまく貼れない!」「フィルムじゃないカバーを貼っちゃった。分かりにくい!」という評価ばっかりで、少し尻込み。

フィルムの精度というかフィルム自体の評価があるような無いような。

うーん。

これは悩みます。

iMacの実際の画面サイズに注意!21.5インチなのに?!

iMacの実際の画面サイズが気になったので測ってみました。

横幅は約48、7cm × 縦幅約26、5cm

でした。

ちなみに、エレコムの保護フィルムの大きさが、

21、5インチ: 475mm×267mm

23インチ: 508mm×285mm

24インチ: 532mm×297mm

なので、うっかり21、5インチ用を購入すると、横幅が足りなくなります。

危ない。

23インチ用でぴったりですね。

iMacにエレコムのブルーライトカットフィルム

結局、ブルーライトカット率の高さと、反射防止機能が付いていること、UVカット率も高いことを踏まえて、エレコムのブルーライトカットフィルムを購入することにしました。

私はなぜか24インチ用を購入。

貼る時にあまりにぴったりすぎると、ずれて画面が覆えなくなるのは嫌だなと思って、

周囲1cmくらいは余裕が欲しいと思ったからです。

今思うとそれでも23インチで十分だと思うのに、なぜ24インチを選んだのか自分。

結局大きすぎて切ったし。

レビューで酷評されていた「貼りにくい!フィルタ本体がわかりにくい!」という件ですが、

私にはさっぱりなぜそんなに酷評されているのかわからないくらい、普通に貼れました。

そのことについては、また後日。>>ブルーライトカットフィルムを綺麗に貼るコツ

ブルーライトカット液晶保護フィルタを使うようになって、眼が楽になった気がします。

やはり効果はあるようです。

夜子どもたちが寝てから自分が寝る前にパソコンをすることが多いんですが、本当は寝る前は液晶を見ない方が良いんですよね。

ただでさえ寝つきが悪い私なのですが、ブルーライトカットフィルムを貼る前は本当に寝つきが悪すぎたんですが、貼ってからはまだマシな程度になってます。

本当は、寝る前にパソコンしないのが寝つきには良いんですけどね。